会員専用ページ
ホーム 理念 機能 活動 取扱製品 メンバー紹介 入会のご案内 お問い合せ
IN TAIWAN
TokyoPack2008
China Xiaman[Amoy]
Show Room
メールのお問い合わせは右アイコンをクリックしてください
ボトル  ●2015年にメンバーとなった集泉社は積極的に品質改善に取り組んでいます。
 品質の向上と共に異物混入対策として、この度TRINC社の静電除去装置を複数台導入し
 各工程の生産機械に設置しました。
 
     
ポンプ
チューブ
エアレス容器
コンパクト
マスカラ・アイシャドー
リップ
ジャー
ガラス容器
アメニティ用
スパウトパウチ・軟包装全般
準備中です
準備中です
準備中です


  • [2019.4.25]
    209回定例会が423日に秋葉原で開催されました。

    事務局より「平成から令和へ・・想う事」と題して、高齢化時代での老後の蓄え1億円時代、
    海外労働者の急増、閉鎖的島国日本から開放的海外交流の重要性、海外との文化の違い、
    若者の生きがい、海外取引での妥協や寛容の重要性などの話がありました。
    続いてメンバー一人一人の令和へ想う事の発表がありました。


    2019年International Meeting開催地についての話がありました。
    海外で開催するInternational Meetingが若い人の勉強になるので、今回は11名以上の
    若い人の参加に対し、参加費の一部をプロパートナーズグループで補助する話がありました。
    開催候補地の希望を定例会参加者に聞き、取引が多いことから台湾の希望が多く出ました。
    2泊3日の予定で8月に決定し10月に開催予定となります。

    業界の現状・実情について話がありました。
    容器関連の国内納期は依然としてメーカーが飽和状態にあり、納期トラブルが多発している。
    海外調達容器は今がチャンスである。

    プロパートナーズグループの取り組みとしてメンバー2名から発表がありました。
    メンズ化粧品市場調査をもとに男性用化粧品売上げが右肩上がりであり、男性化粧品容器の
    将来性は有望である話がありました。また、ディスペンサーボトルで使用開始時にポンプを
    左回転するときにキャップが回ってしまう問題、ヒンジキャップの締め位置誤差が大きすぎる
    問題、ヒンジキャップが固く開けづらい問題などが発表されました。

    これらの意見をまとめ、今後プロパートナーズグループから各メーカーに改善、開発を
    依頼していきます。

    各メンバーからの近況報告があり散会しました。

    定例会風景







2003(C) PRO-PARTNER'S NET ALL Rights Reserved